佃煮 通販 大分産 しいたけ佃煮 椎茸昆布 【好香房】
あいさつよろこぶ堂

上田椎茸専門店のこだわり

当家伝承・椎茸こんぶ佃煮

暖簾は、わたくしどもの命と同じです。 店主 上田

mukasi 1.jpg

こだわりの商品とお店の歴史

   

塩分を抑えた秘伝醤油だれに創業以来六十余年、
  今も変わらぬ製法"一日一釜炊"き

当店は、昭和22年、現店主の祖父であります上田龍二郎が大分県の特産品である椎茸の専門店として、別府の地に開業いたしました。
昭和の初期より食品加工に若干の心得のある龍二郎でありまして開業当初より椎茸佃煮、からし漬け等の佃煮も製造販売いたしておりましたがその頃は現在とは保存のための技術が異なっていましたため今よりも少し塩分が効いた味付けでした。

ところが、昭和50年代に入り真空保存等の技術が行きわたり、また日本人の食の好みも多様化しますと、二代目店主の好子は父であります龍二郎のまごころの手作り製法はそのままに変えることなく、しかし現代風に塩分を抑えた、やわらかく且つまろやかな味わいの椎茸こんぶ佃煮を世に送り出したのが昭和53年春の事でございます。

この中でもとりわけ、"椎茸こんぶ角煮"という名の佃煮はお客様から「辛くなくて、おいしいわ」「また。食べたくなりました」など絶賛のお褒めをいただき、リピーターになっていただけるお客様が続出。

そして現在では直営2店舗(別府、湯布院)他、羽田空港、伊丹空港、大分空港内の各売店、高速道路別府湾サービスエリア、JR大分駅、別府駅、大分県内有名ホテルの各売店でも販売させていただく商品となりました。大分産椎茸の佃煮に関しましては、名実ともに県内トップのメーカーと多くの方よりの評価を頂いております。

秘伝醤油だれ・・椎茸こんぶ角煮

いにしえより自然の宝庫として知られた大分県・・・。その豊かな恵みをたっぷり含んだ椎茸と塩分を控えたやわらか角煮こんぶ。この二つの素材を生かすのは、先代より受け継ぎました手作りの心と秘伝六十余年のしょうゆだれでございます。製法も昔ながらの一日一釜炊きにてじっくり炊き上げられました、上田の椎茸こんぶ佃煮。真にこだわった伝承の味を是非皆様でご賞味くださいませ。

他のお店の椎茸こんぶ佃煮とは、ここが違います!

当店のしいたけ昆布佃煮と他店との違い

大分産椎茸を原料にしてこそ、ホンモノの椎茸こんぶ佃煮!

市販に出回っておりますしいたけ佃煮等でも価格が安価なものは、原料に中国産の椎茸を使っていますものが大半です。中国産の椎茸は、栽培方法が菌床栽培ですのでその味や品質、安全性においては、日本国内の原木栽培の椎茸とは全く異なるものです。また、国内産のしいたけを原料にしているものもございますが、国内産のしいたけの中でも、本当に味、香り、厚み、歯ごたえ、鮮度すべてに優れた"旨味"=おいしさを持ち合わせるのが、この恵まれた気候の中で育った 大分産乾燥しいたけ でございます。 当店の佃煮の原料となる椎茸は全て100%この大分産乾燥しいたけであり、その中でも当店の職人が一枚一枚吟味して選んだもののみが原料となります。

昆布よりも豊富に入ったしいたけがおいしさの相乗効果の秘訣!

しいたけ昆布佃煮が、こんなにおいしい佃煮と言われるのはなぜだかご存じですか? それは、それぞれの持つうま味成分、昆布のうま味 ... MSG : グルタミン酸、椎茸のうま味 ... GMP : グアニル酸・・・このふたつがお口の中でまぜ合わさることにより、それぞれ単品で食べられた時よりも数倍おいしく感じられるのです。これを、「味覚の相乗効果」といい昔から経験的に知られてきました。

ところが、市販のしいたけ昆布佃煮の中には、昆布が7~8割、椎茸が2~3割などというお品があります。これは、どうしても椎茸(国内産)の原料費が昆布よりも高いものですからメーカーの都合でこのような商品もありますが、これでは先ほどのおいしさの 相乗効果は出てきません。

ところが、当店の椎茸こんぶ佃煮は、おおよそ椎茸が6割、昆布が4割の割合で入っております。これは当店が長く培ってきました経験の中で、道南産真昆布のまったりしたおいしさ、大分産椎茸の厚みのある柔らかさ、この二つが微妙に織りなすハーモニーを最もおいしくお口の中で表現できると感じたからです。当店の椎茸こんぶ佃煮は、そんなことにまでこだわって作られております。当店は、佃煮屋としては異例で商品の種類もすくなくございます。しかし種類が少ないからこそそのひとつひとつのおいしさは、群を貫いております。 種類が少ないからこそ日々三代目としてひとつひとつの商品に真心を込めて御作りいたしております。お召し上がりになられるお客様のおいしいという笑顔こそわたしたちの喜びです。真にこだわりました名匠の味をぜひみなさまでご賞味ください。

大分県産乾椎茸

大分産乾椎茸味の秘訣はまず素材から

当店では販売しております乾椎茸はもとより、佃煮の原料である乾椎茸も一枚一枚、私どもの厳しい目で撰び抜いたものだけを使っております。大分産の椎茸であれば、肉厚で味もよろしいのですが、当店ではそれに加え香りにもこだわります。乾燥椎茸は、一般的にいえば乾物ですので長期保存が可能ですが、乾物にも実は鮮度があるのです。それが香りです。香りのよい椎茸はそれだけで新しさの証明でもあるのです。そのようなしいたけが調理されみなさまの食卓に上った時、それが味となり香りとなりおいしさがなお一層深いものになります。当店のこだわりは、味プラス香りです。
大分産椎茸の、お得な計量販売もございます。
どうぞお気軽にメールやお電話にて、お尋ね下さい。

当店の販売するすべての大分産椎茸が、
 トレ-サビリティシステムで管理されております。

大分は乾椎茸栽培の発祥地、品質、量とも日本一!

今からおよそ350年前、現在の大分県は津久見市付近の源兵衛という人が炭焼きの残り木に椎茸が生えているのに気づき、それをヒントにして椎茸栽培を始めた事が今の原木栽培の基になったと言われております。 また、大分県の山間部の気候は、夏冬の寒暖の差が激しく梅雨時から真夏にかけては雨が多く湿度も高い一方、真冬は雪もふり寒さもきびしいことにより、厚みがあり、味のよい椎茸の栽培に非常に適しているといわれ、全国の乾椎茸生産量の約4分の1をしめる質、量とも日本一の乾椎茸生産県となっております。 尚、当店は創業以来、大分県産以外(例えば中国産や国内の他県産)の椎茸は、一切取り扱いいたしておりません。安心してお買い求め下さい。

くぬぎ原木使用 認定No.9 大分県椎茸振興協議会 このシンボルマークの貼られた商品をお買い求めください。このマークは外国産しいたけを取り扱っている業者には使用を許可していません。美味・安心・日本一の「おおいたしいたけ」を保証します。(大分県椎茸振興協議会認定第9号)
くぬぎ原木使用 認定No.9 大分県椎茸振興協議会

ページトップヘ

©2010-2012 有限会社上田椎茸専門店. All Rights Reserved