佃煮 通販 大分産 しいたけ佃煮 椎茸昆布 【好香房】
あいさつよろこぶ堂

作業・制作工程

[原料・大分県産乾椎茸]

おいしい佃煮の秘訣はまず原料撰びから・・・当店の佃煮の原料となる椎茸は100%大分県産である事はもちろんですが、なお且つ写真のように色つやが良い、新しく香り良い香信(こうしん)椎茸を撰びます。(どんこ椎茸は肉厚で煮物には最高ですが、佃煮にはやわらかくなりやすい香信椎茸が最適です。)

[椎茸を煮ます。]

先ほどの材料となる椎茸を水に一晩ほど漬けこみ、そのかさの部分のみ、手作業により切り刻みます。この時椎茸の柄の部分は固く味がないため当店ではすべて破棄いたします。
次にその刻んだ椎茸を醤油、(当店では、大分県内の醤油メーカーさんの、塩分控えめのまろやかな醤油を使用しております。)みりん等の調味料に浸し火をかけて沸騰した状態が
これです。ここで時間をかけてじっくり味を染み込ませながらも、辛くないように仕上げるのが職人技に近いものであります。

[仕上げ]

上の椎茸と同じ要領で、やわらく煮立てた昆布といっしに混ぜ合わせ仕上げます。
火が通り過ぎないようになるべく手早く廻すことが大切です。
ご覧の様に当店では昔ながらのお釜にて一人一人の手作業による一日一釜炊きにて
じっくり炊きあげられた椎茸こんぶ佃煮です。以上の工程そのものは六十数年前、先々代の創業時より何ら変わることなく今に伝わっております。

[冷却]

最後に炊き上がった佃煮の熱をとるためステンレス台の上に広げて冷やします。
白く見えてるのは、湯気です。ネットではこの香りを伝える事ができないのが、残念ですが写真のように当店の椎茸こんぶは、昆布より大分産の椎茸がたっぷり多いのも自慢です。

ページトップヘ

©2010-2012 有限会社上田椎茸専門店. All Rights Reserved